TEXT / JUNIWASAKI

2019.11.11

朝から傷病手当の申請をする。
梅ヶ丘の図書館へ電話をし、書籍の問い合わせをする。カードを持っていないので、予約ができないというが、本棚に並んでいるので、一日カウンターでお預かりなら出来ますよということだったので、電話で取り置きしてもらう。
自転車で、梅ヶ丘まで行く。20分くらいだろうか、全然遠くないので、何で初めて来たのかと不思議になるくらいである。
空きテナントや物件が目に付くくらいにたくさんあり、こういうところでお店かスペースを設けたらどうなんだろうか、と考える。ただ、梅ヶ丘には、住めそうもない。こういう雑多な世界観のところには住めない。自分が生活してきたこれまでの環境と違いすぎるのだ。きっと、小田急線沿いには住めそうもない。少しの憧れも抱くことが出来ない。
ぼくは、住宅街で育ったし、住宅街か、田舎の生活しか出来そうもない。便利な下町的なところでは生活できないのである。
図書館へ行き、竹内万里子『沈黙とイメージ』を借りる。
竹内万里子さんは、ケンくんの大学の先生である。
このところ、制作意欲が湧いているのであるが、どうも椅子に座って制作しようと思っても何も進まない。ぼくの場合、制作と言ってもこれまで撮りためた写真をどのように纏めるかという編集作業でしかなく、頭が動いていない今、それをするのがかなり難しい。
旅行記だとか、ダイアリーだとか、という纏め方は簡単に出来るのだけれど、もちろん、そういう風な撮影方法をしているので、一般的には旅行記とかダイアリーという風に纏めるべきだと思うのだけれど、ぼくの場合は、なぜその撮ったのかをもっと深く問いたいのである。寿司屋に行って何をどんな風に注文するのか、女の子をどのように口説くのかという、いわゆる命題のようなものを作品たちに付けていかなければならないのである。人生どう生きるのか、自分のストーリーを紡ぎたいのである。借り物ではないストーリーである。ただそれだけが社会に対する問いである気がしている。頭が回らない今の現状だとそれ以上のことを言葉にすることすらできそうにない。
そんな状態でも作品を作りたいという制作意欲があるのは自分自身嬉しいことである。
夜は、スープドポワソンを作る。制作意欲は、料理の方向へ向き、制作意欲の消費という自慰行為のようになっていないだろうか。自慰行為は生産性がなさすぎやしないか。一方で、料理をすることは自分にとって身体と心をニュートラルに保つことが出来るので、日々の営みにおいて必要なことなのである。だからと言って料理をしてお金をもらうかというとそういう訳ではない。



2019.11.5

すでに今年もあと残り2ヶ月しかないことに今更気付く。
朝から掃除をし、朝ごはんに目玉焼きとシニフィアンシニフィエのカンパーニュ。セージを入れて焼くとやっぱり美味しい。
諸々終わらし、お昼ご飯にペーストのパスタを食らう。聖子ちゃんからもらったねじれパスタがすごく美味しい、名前がわからないが味の絡み方がすごくいい。
最近ちゃんと文章を書いていないせいで、頭で物事を考えることや頭の中の整理をすることができずにいる。こういう時にぼくの思考回路は同じところにとどまりがちである。
夕方、buikに行き、カナさんともえちゃんと話す。佐々木も合流。カナさんにゆば吉の湯葉とおばあちゃんからもらった柿を渡す。
19時ごろからKoaraへ。Tissue magazineのローンチ。カヤさんと22時までノンストップで踊る。カヤさんは、12月からベルリンに行ってしまうのでそれまでに遊べるだけ遊びたい。
音に合わせて身体を動かすことがいかに時代の音に呼応しているのかがよくわかる。目に見えそうな音を作っていて驚いた。Noriさんという方。普段はDJをしないらしいが、素晴らしい。



2019.11.4

祝日の月曜日。
コム・デ・ギャルソンパリのモハメドが来ていたので、遊ぶ。Aux Baccanalesで一杯して、その後、寿司を食う。
佐々木を連れて3人でグランドファーザーズへ。
それなりの形を持っているものを疑う。側だけで中身が伴っているだろうか。

2019.11.3

twelvebooks濱中さんと話す。
2010年から始めて、来年で10周年を迎えるのだそうだ。正直ぼくとそんなに年齢は変わらないし、年齢なんて関係ないとはいうけれど、どんな試行錯誤を繰り返しているかによって年の重ね方が全然違う。自分の年の重ね方は自分で満足するものだろうか。常に自問している。
やっていることがいいとか悪いとか、諸々はさておきもがいているしその中でアイデアを出そうとしている人は強いな。
夜は、昨晩作ったペーストでパスタを食らう。
毎日、言葉を残すこと。

2019.11.2

夜、アッシェパルマンティエを作り食らう。
バニラアイスにエスプレッソで、アフォガートを食らう。何だかんだでコーヒーを2日に一度くらい摂取している。エスプレッソのみ。断絶は難しいから減らす。



2019.11.1

病院へ行く。
玉川郵便局へ行き荷物の受け取り。サンタマリアノベラのポプリの香りがする。太陽の心地よさもあり、驚くほどいい気分になる。
14時過ぎに家を出て、豊洲のviva homeへ向かう。家の床の木のフロアーしようとしているので、木材を購入。家の床には釘で打ち込んだり、出来ないので必要枚数とサイズを買い揃える。
フォートウエノに寄り、依頼していた現像を受け取る。Chee Shimizuさんを撮影した分があがってきた。上がってきたものを見て、自分の写真だなと思う。被写体が変わろうとも、媒体や内容が変わろうとも自分の写真である。



2019.10.31

ハロウィンで電車が混んでいる。
そんなことだけでも書き残すことが必要だろうか。手数は少ないが、一手一手に重さと厚さ、太さを感じる生き方。
歌舞伎そばのそばの食べ方でさえそう思う。ぼくはまだまだだ。