VOICE by JUN IWASAKI

Translation

2021.7.12

養老孟司『遺書』を読み始める。
今日もざっと夕立がすごい。こういう夕立があるともう梅雨も明けたのかなと思うが、実際のところ明日からまた雨が続くようである。夏は夕立があって気持ちいいなといつも思うが、近年夕立も少なくなっていたように思う。なんだか久しぶりの感覚。
コロナ禍では、あまり季節感を感じる出来事が少なくなっているように思うので、こうやって夏らしく夕立が降ったり、雷がゴロゴロ言っていたりすると本来の人間の姿に戻れるような感覚がある。コロナ禍で、自分たちが無意識のうちにいろいろなものから影響を受けているのだということをはっきりと理解することになっている。何でもない、言葉や記録にするほどのことではない、むしろ言葉や記録しようとしたことがないようなことから人々は影響を受けている。
人々は、CDを聴き出した時に、やっぱりレコードの方が良い、生演奏の方が良いと言った。結局のところ、CDは人が聞こえない音を排除しているそうだ。ということは、人は耳だけでは音を聞いていないことになる。耳では聞こえない音は鼓膜や皮膚により感じ取り何らかの感情を生み出しているということになる。こんな話が今読んでいる本の中に書いていたが。確かにそうだなと思った。
ぼくたちの夏の記憶だって、言葉や記録では残らない程度の何か、人間の意識の外側にあるものによって人々の体に記憶されているのだろう。
頭痛がするので早めに寝る。

2021.7.11

日曜日。
昼過ぎまでは、暑く快晴だったが、16時ごろから驚くような夕立に見舞われる。夏らしい気持ち良いほどの強烈な雷と雨に打たれて心も躍るようだった。仕事中に雨を感じようとナチュラルローソンまでショートブレッドを買いに行ったのだが、想像を裏切らないほどにびしょ濡れになってしまった。それはそれでまた良いのではないか。

2021.7.10

朝、buikカナさんにご紹介を受けた岩瀧さんとお会いする。岩瀧さんは木のスペシャリストで、ぼくたちのラウンドのダイニングテーブルを依頼する予定をしていた。別件でパートナーが出版をしたらしく、今度はその相談もしたいという話になった。京都の人のようで、なんだかリズムも合いそうな方でよかった。
2時間ほど喫茶店で話し込み解散の合図で解散。別れてすぐ「突然ですが、今夜うちへきませんか?」とメッセージを受け取る。なんだか楽しそうなので、伺うことにする。
ざるそばを食べ、新宿に行く。Sertaのマットレスを購入。聖子ちゃんは伊勢丹へ。
ぼくはセガフレードでカフェルンゴを飲み、聖子ちゃんと合流するために伊勢丹へ。このカフェルンゴ、残念なほどに美味しくなかった。普段からセガフレードのコーヒーはそれなりにしっかりと美味しいと思っていたが、今日のコーヒーは、古いエスプレッソをお湯で割ったような、もしくはフレンチプレスの下の方に溜まったもののような味わいだった。
伊勢丹でジェラートを買い、岩瀧さんの家へ向かう。
結局日を跨いで3時ごろ帰宅。聖子ちゃんがお酒を飲みすぎて足がむくんで靴が入らないと言っていた。帰った後に、聖子ちゃんはロンドンとの仕事があるからといい少しやっていたが、ぼくは明日も朝から仕事なのでシャワーだけ浴び就寝。こんな感じで人の家で過ごしたのはいつぶりだろうか。それも初対面の方の家だ。

2021.7.8

朝、聖子ちゃんを送り出し、部屋の掃除。
オーボンビュータンに行き、エスプレッソとパンオショコラと思ったが、コロナパンデミック以降、パンオショコラを作ってないらしく、りんごのコンポートのパンにする。世の中には、こういう機会がないと食べないものが確実に存在し、今日のこれがまさにそうだった。オーボンビュータンに朝に行き、エスプレッソとパンオショコラを食べることを楽しみにしているとどれだけ他に美味しそうなものがあっても、エスプレッソとパンオショコラの一択しか存在しないのだ。
自転車で5分のところに引っ越したので、これまでよりも自分の生活に身近なものになった。
その足で、大岡山にあるパン屋、ショーマッカーへ。Googleマップを見ていて、見つけたのだけれど、ドイツ系のパン屋で、突然ヨーロッパにある小さなパン屋のようなお店。
実際行ってみると、ローフブレッドばかり大きいのばかりで選ぶ方も気持ちがいい。自転車で15分くらいなので、遠くはないが、もう少し近くにあればよかった。
ワクチンの接種についてずっと考え調べているが、どうも答えが出ない。10日に予約をしてはいるものの、キャンセルも出来るので選択を先延ばしにしていた。
ワクチンのコロナウィルスに対する効果はある程実証されているが、他の病気への影響があるかどうか、長い目で見た時に副作用がどうなるのか、免疫系へのダメージはどうかが、実際不透明なようで、ぼくの不安を煽る。今回のワクチンは生ワクチンでも不活化ワクチンでもなく、人工的に作られた遺伝子の組み込まれたワクチンで、そのワクチンは実際には人には使われていなかったものが今回のコロナパンデミックにより使用されるよう
になった。さらに効果が6ヶ月しか持たないと言われており、また新しい変異株が生まれた時にそのワクチンが効果を示すのかは正直不透明ではある。発症はしないが感染はするということで、人へうつすことができる、運ぶことが出来るのだという。ウィルスは死なないため、きっと変化するような気もしている。
単純にこのワクチンがコロナという病気に対しての効果だけで判断することは出来ない問題で、そもそもまずコロナウィルスに感染することへの危険を持つこと。コロナそのものの危険性は、後遺症。倦怠感や脳へのダメージがあること。
それから自分自身とコロナ、自分自身とワクチンと考えがちであるが、社会とコロナ、社会とワクチンと考えたときに自分よりも危険度の上がる人々が摂取していないのに自分がワクチンを摂取することが正義なのかが不明である。現在、65歳以上のワクチン2度目の摂取率は26%だというが、それで自分が摂取する権利を得たからと打つべきなのだろうか。優先されるべきは誰か。それくらいの余裕は持っていたいと思う。ニュージーランドの首相は、エッセンシャルワーカーが摂取を終えたのを確認してワクチンを摂取した。それがもしパフォーマンスだったとしても素晴らしいことだと思う。日本の政治家はどうか、自分が摂取したか摂取していないかすら公開していない。摂取したと喜ぶ若者はどうなのか、もちろん若いからとか年齢がどうだとか正直関係ない部分もあると思うけれど、それでも致死率だけを見ていると優先されるべきは何かがわかるような気がしなくもない。
自分が、どんな風に人生を生きていたいかということ、結局そういうことなのだろう。

2021.7.6

火曜日。
昼休憩を利用して丸の内を散歩。仕事場では、ずっと座っての作業なので、足を動かさないと体がどんどんと鈍ってしまう。何をするでもなく歩き、ハーマンミラーストアとコンランショップに行く。特に欲しいものはない。作られすぎているものに全く魅力を感じられない。
丸の内はいいお店が多いなと来るたびに思う。ぼくは割と丸の内が好きである。以前、KENNEDY Magazineの撮影で、音楽家の尾島由郎さんと柴野さつきさんと丸の内を歩き回ったが、尾島さんも同じく丸の内が好きらしく、建築物についていろいろ教えてくれた。昭和と大正の建築について、このエリアは昭和で、このエリアは大正期に建てられたなど。
なぜ、これまで人々は、こだわりを持って建物を建てていたのに近年の建物は陳腐になっているのだろうか。予算不足だろうか、それとも僕の感覚がおかしいだけで、陳腐ではないのかもしれない。もしくは、素材の高騰化か。
なんだかわからないけれど、街に陳腐なものが溢れかえっている気がする。
単純に考えると同じ金額のものを安く仕上げると、利益率は高くなるので、働く人々はお金を多くもらえるようになっているべきである。人々の生活か豊かになっているのだろうか。
人間は、怠ける生き物だからお金が増えて時間が増えれば無駄なものが増えていくだけなのではないか。安物がどれだけ人々の生活を豊かにしているのかというと、ぼくには0だとしか言えない。労働を生みだし、生活を豊かにしているという感覚があるのであれば間違っていると言いたい。ニトリでとりあえず揃えたり、ユニクロで済ませたりする、そんな価値観は不要ではないか。ぼくは、ニトリで買うならなくて良い。ニトリで買うことは「ない以下を作る」ということでもあるように思える。そんな否定的なことばかりここに記録するのはよくないが、それでもここに記録しよう。ニトリやユニクロが悪いのではない、消費者が悪いのだ。消費者がいないと存在しないもの、それが企業だと思う。

2021.7.3

今日は、雨。
朝、駅前のペリカンカフェでカプチーノ。サクッと朝からコーヒーを飲みに行ける場所があってよかった。
近くのランドリーに洗濯に行く。雨のせいか、乾燥機を使う人で溢れかえっており、ただ洗濯機を使いに来ている自分にはあまり関係ないことのようだ。ランドリーに置いてあった暮しの手帖を読む。久しぶりに読んだが、レシピと掃除の仕方、エッセイと基本的な内容は昔から変わらないものの、登場している人が他のメディアでみるものと同じでうんざりする。結局、保守的で振り幅のない世の中になっているよなと思う。レシピと掃除の方法をじっくりと読み込む。洗濯が終わり、自転車に乗って家に帰る。雨が止み、晴れてきた。それでも梅雨中は湿気がすごい。
お昼は、オレガノとひよこ豆のパスタ。一気に、溜まっていた書類関係の整理をする。
1時半に家を出て上野で開催中のイサムノグチ展へ。3フロアーを使った3部構成になっているさっぱりとした展示だった。人が多すぎたので何を見ているのか一瞬わからなくなる。
入場制限をしているということだったが、本当だろうか。人が多すぎたので入場制限をしていることが信じられなかった。

2021.7.2

HBO製作のファローvsアレンを鑑賞。2話とも鑑賞する。
ウディ・アレンのファンとしては、なかなか難しい感情で鑑賞することとなった。
作品と人物を別物として考える必要があるのだろうけれど、少なくとも作品を作る僕からすると作品を生んでいる過程には自己が存在するし、作品と人物を別物とすることが正解なのかどうかはわかならい。もちろん、作家は、作品を見てくれという意識は強く、ぼくも同様であるが、作品は作品として見て欲しいが、作品と作家を分けて物事を考えるのは違うという意見である。複雑に矛盾しているようだけれど、それがぼくの感覚。ウディアレンが、そんな人間だからあの作品群ができたのだ思う。