VOICE by JUN IWASAKI

Translation

2021.11.22

大雨で寒い。聖子ちゃんはまだ京都から帰って来ていないので、当分一人でいるのだけれど、一人でいると忙しない。あれもしたいこれもしたいとなっているのが現状だし、帰ってから夕飯を作っていると大体20時をすぎてしまい、食べ終わった頃にはもう20時45分くらいになっていて、そこからお風呂に浸かって、英語のクラスを受講して、そうするともう22時半か23時くらいになっているのである。ゆっくりお茶でもしようと思うが、そんな時間はなく、映画を観たいとか、あー制作の構想を完成させてしまわないとな、とか思っているとどっちつかずになっている。これはまさに自分の性格を表している。寝る時間を遅くして、夜に時間をとるか、それとも朝早く起きるか、そのくらいしか時間を増やす方法はない。ただ今も朝は6時半に起きている。朝は、NYのラジオWNYCをつけて、ケトルでお湯を沸かし、顔を洗い、歯を磨き、コーヒーを淹れる。それからお弁当を作り始める。お弁当を作りながら朝食を食べ、植物に水やりをし、8時に家を出る。で、19時過ぎに家に帰る。というと11時間は外にいるということだ。9時間勤務とはいうものの、結局片道1時間かけて出勤し、もう1時間かけて帰宅している。もうパンパンのスケジュールだなと思う。どうにかして空白の時間を作ろうか。それに一人で生活していると黙っているので、全てが作業の様な気もしてくる。食事を作るのも消費衝動のみに駆られた人間のようで、人間としてのぼく自身から出てくる欲望とか感情とかはそこに存在するのだろうかと疑問に感じてしまう。
サブスクリプションの生活とは、こういうことだろうか。映画も観て、英語もして、電車で音楽を聴き、定期購読のニューヨークタイムスを読み、adobeを使って仕事をする。会社員とはある種のサブクスされている状態とも言えるだろうし、もう固定された驚きのない生活の中でいかに自分の感情や欲望を溢れさせることができるだろうか。損得だけでは生きない、その枠の外にある自分の野生の感覚の様なもので生きていくことはできないだろうか。別に家を出る時間が何時でもいいのだ、寝る時間も何時でもいい。ただアラームは6時半になると鳴る。自発的リズムによるルーティンだと思っていたものが、気付けばルーティンというバッドサイクルにハマってはいないだろうか。たまには自転車で出勤したっていいし、ランニングで帰宅してもいいのだから。
帰りの電車でNostalgieを聴いていると無性にぼくがパリに住んでいたころの気分を思い出す。朝は、早かったけれど、夕方には仕事が終わり、カフェで友人たちと一服し、家に帰る。もしくは他の友人たちと別のレストランに行く。夜は、クラブに行ったり、とにかく賑やかな日々だった。同時に制作にも力があった。
なぜパリに住んでいることはあんなに友人がたくさんいて、街を歩いていると友人に会うような日々だったのだろうか。
夕飯は、昨日残りの豚汁と、朝作ったトルティーヤ。ご飯を炊く。お風呂に浸かり、洗濯物をたたみ片付ける。
アルフレッド・ヒッチコック監督『引き裂かれたカーテン』を鑑賞。ポール・ニューマン主演。み始めたのが遅かったので、起きてられず、途中で諦め就寝。

2021.11.21

今日は寒い。夕飯に豚汁を作りながら、ラジオで日本シリーズ、オリックスvsヤクルトをきく。谷繁の解説は面白い。媚びないし、キャッチャー視点なので、試合の雰囲気とか流れをどう配球で切るかとか、この選手は今は打つ気がないだとか、そういう空気の動かし方の話をしていて面白い。昨日は、奥川が頑張って、今日は高橋圭二が初の完封勝利。実体験から力をつけさせる。ぼくは、高津監督のこういうところが好きだ。村上をシーズン通して4番で使い続けた。奥川をCSの大事な初戦で使い、初完投初完封。さらに日本シリーズの初戦、日本で一番の投手山本由伸との一戦にぶつけて来た。それから、完投したことのない高橋を日本シリーズで完投完封させたり、そういう判断が非常に上手い選手だと思う。1、2点差であれば、リリーフ陣に託すという手もあっただろうと思うが、そうせずに投げさせた。一つは、高橋の成長に大切な山だとの判断という意味での続投で、もう一つは、昨晩マクガフが打たれたから一抹の不安があったのではというもので、もう一つは、昨晩の劇的な負け方からどうにかリズムを戻したいという意味合いで、チーム期待の選手による初めての完封勝利、オリックス側からすると一人の投手に完封負けという完敗ムードで、昨晩からのムードを壊したかったかなのではと察する。高津監督は、ムードを作るのが非常にうまい監督なので、これからのヤクルトには期待しかない。さすが2軍監督をしていただけあって若手からの信頼が素晴らしいなと感じてしまう。外野手がもう少し出てこないことには、、、山崎がんばれ。
オリビエ・アサイヤス監督『冷たい水』を観て就寝。Roxy Musicのサントラとフランスの青年たちを描いた、らしい描写との相性がとても良かった。ファッション性が高い。永遠にあんな風な小汚い格好に憧れている気がある。19歳の時にパリのポンピドゥセンターの階段を大勢の若者が転がり落ちるというパフォーマンスを観て、地下でパーティに参加し、みんなでメトロに乗りJoy DivisionLove Will Tear Us Apart」を車内で大熱唱し、セーヌ川の船上クラブで踊り狂ったあの日の雰囲気というのが、ぼくのファッションに多大な影響を与えているのだ。いつまでもあの頃の感覚は忘れないだろう。そんなモーメントがぼくの人生にはいくつかあって、それがぼくの財産になっているのである。

2021.11.20

銀座。オフィスが古いのでかなり寒い。何か対策しないとこのままだと体調を崩す原因になってしまいそうである。もっと楽しい環境にできないものか。
昼は、無性に坦々麺が食べたくなり、新橋へ。昼から麺類を食べるなんて思ってもなかった。
仕事終わり、ちゃっぴと会う。クリスチャンマークレーの本を貰う。サイン入りだ!
Dear omと書いてあったので、「それちゃっぴ書いたんちゃうの?」とつい聞いてしまった。
昨日、実家に帰って父親と話した話をすると「そういう人の方が信頼出来るし、オレは好きやわ」と言っていたのが印象的だった。ぼくだってそうだ、なんか変な型に簡単にハマったり、何かをすることが出来る人をあまり信用していいものかと思っている。久しぶりに会ったちゃっぴは元気とかそういうのではなく、いつまでも彼は彼らしく、どこにいても彼は彼なのだ。そういう人が近くにいるというのは自分を見失いそうになるここでの生活の中では必要だなと思わされる。
日本シリーズが今日からはじまった。前年最下位同士の戦いで、ソフトバンクとジャイアンツの日本シリーズよりは楽しそうな気がする。初戦は、球界を代表する投手山本由伸と、今後の日本を代表する投手奥川の投げ合い。奥川が勝ち投手の権利を獲得し9回裏までいくも、マクガフが3点取られてさよなら負け。実際に見ているとすごく面白い試合だったのじゃないかなと思う。日本シリーズは地上波でやっているのでDAZNの放映がない。
22時前に家に帰り、お風呂に浸かり、ちょっと溜まっていた掃除とか洗濯とかを時間を気にせず、一気に終わらせ就寝。片付けて寝ると気分がいい。
聖子ちゃんが帰ってくるまでにいろんなことをしようと思うが毎度のことだけれど結局できない。

2021.11.19

実家でお昼を食べてから市内へ。父親から叱咤激励。心配されているのだろうし、自分が目標を見失っているというのが見透かされていて、家族っていうのはすごいなと思う。
六曜社でケンくんとお茶。なんでこんなに会ってるのかわからないけれど、先週も東京であったし、今日もあってる。彼のフットワークの軽さだろう。ぼくは、あまり軽い方ではないので、フットワークが軽い人と遊ぶのはすごく助かる。
16時半ごろ聖子ちゃんと合流し、月蝕をみながら散歩。聖子ちゃんと京都を散歩するだけでもなんだか懐かしい気持ちになるし、すごく幸せだよなと思わされる。100何年ぶりの日蝕らしくこの次は60年後とか。また二人で散歩でもしながら見れたらいいなと思う。それを考えると心が疼くというか、涙が出そうになる。幸せでいたい。
河原町御池の鳳泉で夕食を食べて、20時すぎの新幹線で帰路に着く。大体一人で帰るので、毎度のことであるが「なんで東京に帰るんだろう」と思ってしまっている自分がいる。数年前までは「よしいこう!」となんだか戦いに行くような気持ちで新幹線に乗っていたのをふと思い出した。
メッセージをしていたことがきっかけで、家について久しぶりに中学からの同級生の越智と電話。2時間くらい話していた。人と長電話したのも久しぶりだし、越智と話たのも久しぶりだったので、いろんな話が聞けた。自分の環境とか悩みとかそういうものも吹き飛ぶような感じがある。帯状疱疹は寒くなると痛む。

2021.11.18

絵に描いたように帯状疱疹が広がってきたので、焦るように朝一番から病院に行く。木曜日は休みが多いので、家の近くの小児科へ。昨日職場の健康診断などをしている病院に行けばよかったかなと思っていたけれど、ここの小児科の先生が異常に親切で、人を見てくれるような人で安心する。最近、病院は誰でも患者もしくはお金としてしか見ていないような人が多く寂しい気持ちになるので、こういう先生がいると心強い。
昼までもろもろ準備をして、14時過ぎの新幹線で京都へ。久しぶりに聖子ちゃんと一緒に新幹線に乗ったけれど、終始酔ったと言っていた。彼女は最近乗り物酔いがひどいように思う。マスクを付けるようになってからなのか、バスに乗ってもタクシーに乗った時にもよく言っている。
両親が予約してくれたMiddleへ直行し、聖子ちゃんの家族とぼくの家族で顔合わせディナー。こうやって家族が増える感覚というのはとても幸せである。少し心配していたが、ぼくの両親である。問題なかった。
Middleは、手仕事のいいものが溢れているお店だった。こういうお店で人生の記念になる行事ができて、自分たちの未来は明るいまでは言わないけれども、ブレずに強く前を向いて進みたいなと思えた。同世代の人間がこんなに素敵なお店をしていることも勇気になる。

2021.11.17

プツプツとニキビのような赤い出来物が身体に出来ている。明らかにおかしい症状だし、痛いし痺れるし、それから昨日から引き続き杭が刺さったような痛みがある。心臓を突き刺すような前から後ろへかけた痛み。きっとこれは敷地を分ける時に使うような大きな木の杭が刺さっているとしか思えない。ただ、帯状疱疹だろう。とても痛い。

2021.11.16

体の左半身が痺れている。腰痛は治ったのだけれど、左半身が海に行って日焼けをしすぎた時のような感じでピリピリとしている。同時に、胸のあたりに前から後ろへ杭が刺さったような痛みがある。ぐさっと痛い。
心も晴れないが、これは自分自身が変化を作るしか、この靄を切り裂いていくしか方法はないのだろう。辛いながらも前に向かって進む。そういう時に、隣に信頼できる人間はいるだろうか。一緒に進む勇気を持った仲間を見つけていけるだろうか。時にその人に勇気がなくとも力を合わせて勇気を振り絞ることができるだろうか。