TEXT / JUNIWASAKI

20201.6

9時起床。最近、早起きすら出来ない。
きっと寒さのせいである。それから早く起きる理由がないことである。
前までは理由は、ランニングだったり、日記を書くだったり、彼女が起きるのに合わせて一緒に起きるだとか色々あったはずだけれど、9ヶ月くらい続けたランニングもある時期を境にぱたっと辞めてしまったし、日記を書くのもサボっている。この1年間は、聖子ちゃんがいないので、一人暮らししていることもあって心身ともに少し寒さも感じる。布団から出られない。いや、出る必要もないのかもしれない。
洗濯をし、耳鼻科へ行き、家で昼飯を食らう。昨晩の残りの白菜と豚肉を炊いたものと、鳥肝の甘辛煮、白ご飯。
左の鼻の穴が小さいことはわかっていたが、耳鼻科の先生に「100点満点の60点しかない」と言われたので、手術についても聞いてみた。費用は10万くらいだそうだ。人生が変わるのであればやってみるべきか。今は、僕は右の穴が仮に100点だとすると、左が60点なので、両鼻で80点でしか息をしていないのである。数日前、鼻がつまり苦しくておきた。真剣に考えないといけない。生死に関わる。
大掃除をサボっていたので食後に始める。mixcloudでTatsuro Yamashita mixを聴く。正月、佐々木の家で聴いてからひたすら聴いている。今の気分に、山下達郎さんの声が共鳴しすぎているようである。
17時頃、家を出て佐々木と合流。表参道ROCKETへ行き、BIBLIOTHECAで一緒に働いている日大芸術学部写真学科の曽根さんの展示を観る。学生の合同展的な印象であったが、みんな作家としてやっていきたいという希望を持っているなと感じた。3人参加していたかはわからないけれど、作品は、好きなものはなかった。連れて行ってくれた佐々木は、少し懐かしさとともに嫌悪感を感じていたが、僕は、ポジティブなエナジーと変な自信が出た。
そのあと、BOOKMARKを覗く。あれはダメだ。書店でもなんでもない。僕が今やっている BIBLIOTHECAが比較対象にされていること自体に嫌悪感を感じるほどである。レアな書籍を集めるのはそれほど魅力的ではない。
Gyreの4Fでコーヒー。佐々木と希望のある話が出来て良かった。人のゴシップとかくだらない話ではなく、こうやって自分たちがこういう未来を作りたいんだという建設的な話をしていたい。
2020年に入ってから色々な物事に関して自分の中で大きな気持ちの変化があり、視点が変化した。例えば、BIBLIOTHECA関連で、本に関していうと、情報的な書籍を好まず、本が本らしいもの。紙であるべきもの、紙だから出来る魅力を生かした本を作っているものとの区別が出来るようになった。もともと認識をしていたことではあるし、好き好んでいたことではあるが、それでもこの感覚の変化は面白い。
自分のパーソナルワークに関しては、あまり言葉には出来ないけれど、ただただ友人知人と、ああだこうだ無駄話をしたいとはではなく、建設的な「やるぞ」という気持ちになっている。1月2日にJasper Morrisonに会ったことが自分の大きな変化になっているように思う。
僕にだって出来るんだ、という気分である。
今年の目標をいくつか掲げることにする。
大きくは、3つ。
まず、1つ目。『Just now』
2つ目『和食』
3つ目『スペースを作る準備段階として、紙の媒体で作品を作る』
あとは、体調を良い状態に保つことや、自分の軸で行動すること。
『Just now』これは聖子ちゃんに言われたことである。Just nowでやっていかないと、物事は進むし、やることもどんどん増えていく。人にオススメされたものは、チェックしに行く、観てみる、とか。そういうことも含めて。
『和食』は、あまり作ったことがなかったのだけれど、今年は少しでもレパートリーを増やしたいと思う。米を炊く。冷蔵庫があれば常備菜が作れたり、色々と思うところはあるけれど、まずは作る。
『スペースを作る準備段階として、紙の媒体で作品を作る』、これは、聖子ちゃんとスタジオを作りたいと思っているのだけれど、その準備としてまずは、紙媒体で自分たちの思考をまとめておきたい。オブジェクトとしての本、紙を作りたいという想いである。せっかく聖子ちゃんもLibrarymanで仕事をしていて、僕も書籍に関することをしているのだから、本、紙という形で自分たちの思考を纏めたい。
Abakeが00年代にやっていたようなデザインやそこから派生したKITSUNEではなく、出版部門Dent-de-Leoneの初期の活動も気になっている。そんな幅のある、しかしその人の思考が満ち溢れた活動をしていきたい。



2020.1.5

手じゃなくて、ナイフとフォークを使うことに魅力を感じる。
手で食べればいいものを、ナイフやフォーク、時にお箸を使って食べ辛くしているようには感じないだろうか。
熱いものを食べるのに鉄の箸を使うこと。鉄は熱しやすいのでものの温度を下げずに使うことが出来る。米や豆を箸で食べること。
難解で理解に苦しむことを肯定的に捉えるように。
フィジーに住んでいた8年ほど前は、物事を出来るだけ難解に考えないように、見たことが正しいと思い、食べ物を道具を使わずに手で食べるようなことを肯定していたように思う。

2020.1.4

去年末くらいから無意味さについて改めて考えている。
無意味さとはなんだろうか。
実用的なものではなく、一見無意味に見えるものに魅力を感じている。
椅子なのに、座れない。テーブルなのに、ものが置けない、と言ったように。
実用的なものだけで囲まれた生活があるなら僕は過ごしたくない。
実用性とは、理解が出来るということかもしれないし、無意味とは理解不明ということかもしれない。理解不明なものこそが生活を豊かに出来ると思うことも多い。

2020.1.2

家の鍵を実家に置き忘れたので、佐々木の家で起床。今日からDSMセールスタートで、10時に出勤する。またいつもと変わらない日々が始まる。少し正月感はあるような気もする。
昼過ぎに、Jasper MorrisonがBIBLIOTHECAに来て、本を買ってくれた。20分くらいだろうか、話していると、自信が出たし、同時に何をしなきゃいけないかはっきりしたような気がした。気のいいおじさんという印象。友達のように話せたし、でも同時に自分も対等なんだという気持ちでいれた。話しながらすごく冷静な自分にも驚いた。一緒に仕事したいと思った。
きっと、Felixなら一緒に仕事も出来ただろう。未だに悶々としているのだけれど、このままぼくはずっと悶々としているのだろうか。
佐々木も言っていたが、年が変わるなんて別に日をまたぐのとなにも変わらないし、自分たちがそう思うか思わないかだけである。ぼくも同感だし、糞食らえと思うと同時に、自分たちの人生にメリハリや枠を付ける、言い訳を付けたり、楽しみを作ったり、そういう風にしないとぼくたちの人生は嫌でも進んでいくのである。イベントは大切である、正月とかお盆とか、
お金がないからやめるとか忙しいからやめるとかそういうものではないはずなのだ。
自分で自分のリズムを作る。自分のリズムがないならば社会のリズムに合わせる。
クリスマスに楽しむのも個人的にはいいなと思った2019年だったので、
最近、このままなにも考えずになにもせずに生きていくことも出来るんだろうなと思うとゾッとする。会社員の思考になっている。

2020年の2日目からジャスパーにあったり、こうやって考えられているのはいい傾向ではないか。ある意味では鍵を実家に忘れたお陰かもしれない。

2020.1.1

9時半起床。
お節を食らう。やっぱり正月はお節を食べないと気分が乗らない。毎年食べていたお節も年々小規模になっている。おばあちゃんしか作れないこともあるし、家族揃ってもそんなに大きな人数にならなくなったこともあるだろう。ぼくの世代なんかはどうなってしまうのだろうか。きっと父親のめんどくさがりな性格からするとお節もなくなっちゃうのかなと思う。
年玉をもらう。自分はいつまで年玉をもらうのだろうか。
14時半から天皇杯決勝をテレビで観戦し、帰路へ。途中、神社へ立ち寄り、初詣。地元の神社もなかなかさっぱりしてていいなと思った。高の原から京都行きの急行へ乗り込む。
会社の京都出身の上司から四条河原町の松葉のニシンそばの話を散々聞かされているので、京都駅に入っている松葉でニシンそばを食らう。人生で多分2度目くらいだと思う。
お土産に赤福を3箱購入。
新幹線で席に着き、2020年について考えようとした瞬間、眠りに落ちる。起きた頃には既に小田原を過ぎたあたりであった。
21時に新横浜に到着、新横浜で家の鍵がないことに気付く。履いていたパンツのポケットに鍵を忘れていたみたいである。そのパンツは実家に置きっぱなしである。とりあえず色々と連絡してみるも、連絡付かず。同僚佐々木に連絡が付き泊まらせてもらえることに。正月早々なんだか不思議なスタートである。
新宿で佐々木と合流し、横井さんと彼氏ヒロくんと四人でコーヒーを飲み、佐々木の家に帰宅。ペラペラと話しながら26時ごろまで起きていたと思う。
とんだ2020年の始まりである。

2019.12.22

8時半からDSM。いい加減、朝から本を買うか、ぼくに会いにきてくれる人でも出来ればいいのだけれど。土日の朝はDSMG7Fへお越しください。隣でコーヒーでも飲みましょう。
18時に仕事終わり、中島さんととんきへ。中島さんは出張に行くのが楽しみで仕方ないらしく、パリの話を色々と聞きたがる
その後、コーヒーを飲みながらくだらない話をして雨に打たれながら帰宅。

2019.12.20

10-DSM

それ以外の記録はなし。何をしたのだろうか。必死で思い出そうとするが全く思い出せそうにない。