TEXT / JUNIWASAKI

2019.2.17

日曜日。
一見、人の為に行うように見える行為も実は全て自分のためにやっているのではないか。
朝は、聖子ちゃんと表参道のBlue Bottleへ行く。妙にこの場所が気に入っている。コーヒーが好きとか、サービスとか人とかそういうものはむしろあまり好きじゃない部類のものなのだけれど、なぜか朝の気分にバシッとハマることがある。カプチーノ、聖子ちゃんはラテ。
ランチは、珍しく村上さんと同行。Aux Baccanalesで牛肉のトマト煮を食らう。欲望の資本主義を観た感想とGAFAの話、強い個として生きることについて。個人に人生の楽しみとか、喜びとかを見出すことが重要なのか
彼は、学校を卒業してから少しの間、警察官であった。その頃は、「警察だ!」「おい、警察!」と言われていた。村上でも、なんでもなく匿名の警察であった。と本人は言う。自己を認めて欲しい、自己を主張したいということから洋服の世界へ飛び込んだのだという。
なんだか、すごい素敵なストーリーだなと思った。彼の今の生きるスタイルとか、アウトフィットだったり、様々な行為に至るまで、すべての細部には「おい、警察!」が宿っているように思えた瞬間すべての彼の行為に真っ直ぐな軸が見えたように思う。

夜は、少し早めに家に帰る。朝、聖子ちゃんがマーケットで買ってきてくれたサラダとパン。これでいいんだけど、なんでこれが毎日食べられないのだろうか。マーケットがもっと近くにあればいいのにと思うが、日本ではなぜ成立しないのだろう。マーケットがスペシャルなものとして価値付けされる日本はちょっと不思議な気もする。それはカフェとかも同じ。
居酒屋とかコンビニとかばっかだからみんな気が引けるんだ。

2019.2.16

土曜日。
様々な出来事が本来の意味を持たず形式だけになった時、ぼくたちはどうするべきなのだろうか。会社やグループになった時にそれがよく起きるように思うのはなぜだろうか。人々は意味を真剣に考えていないのだろう。意味なんて考える必要がないと言われることも多いが、僕は意味を求めないのであれば行う必要はないと思う。意味を求めてした行為に「結局あまり意味がなかったね」というのは別にいいのだと僕は思っている。意味を求めることに意味がある。その先は誰にもわからない。


2019.2.15

連休2日目。
朝は、7時起床。聖子ちゃんとコーヒーとトースト。
その後、片付けをしたり、『欲望の資本主義2019』の続きを観て、10時からランニング。10.4km
昼は、昨日の残りのボロネーゼをスパゲティで喰らう。その後、聖子ちゃんが作ってくれたティラミスを食べて、14時からDanielの家でOURSの撮影。OURS用に久しぶりに撮影したが、きちっとしたお家だった。気づけばもう2月も中頃である。
Kaisoでバゲットを買い、むすびガーデンで食材を調達し、帰宅。むすびガーデンで松岡さんに会う。10分ほど話す。
家に帰り、夜のスープの準備。会社で働いていると休みの日ってすごくいいなと感じる。自分の事だけをすればいいのだ。

2019.2.14

朝4時に起きて、トーストを喰らう。5時前の電車に乗り、5時45分に同僚中島さんと品川駅で合流して、タクシーでファミリーセール会場へ。品川駅会場付近では面白いくらいに社員の方がいる。
ファミリーセール終了後、品川のAux Baccanalesでちゃっぴと合流。ちゃっぴはお店の同僚と、ほかのショップの人たちと一緒いた。ぼくは、中島さんと一緒。カプチーノを注文。
朝からステーキフリットを食べている人もいてなかなか奇妙な世界感だなと思った。朝10時からステーキフリットを食べるほどの元気はぼくにはない。元気だから、食べれるわけではないことは承知しているし、仮にぼくが元気だったら朝の10時からステーキフリットを食べたかと言われるときっと食べない。そこにいる全員がステーキフリットを注文しようとぼくは朝の10時からステーキフリットを食べるような人間ではない。
人を表現するときに、又はあなたはどういう人ですか?と聞かれたときに「ぼくは朝からステーキフリットを食べるような青年です」といえばなんとなく想像できる。「朝の10時に、フレンチカフェに10人の大所帯で行った。5時に集合して一仕事終えたから、そこにいたある一人の男がステーキフリットを注文した。それにつられるように多くの人はステーキフリットを注文した。ぼくは、すごくお腹が減っていたが、カプチーノとクロワッサンを注文した。そういう人間です。」そうやって自分を表現する。
なにをどのように食べるか、なにをどのように取り扱うか、で大概の人のイメージが掴める。
家に帰り、掃除をして、スーパーで買い物をして、ボロネーゼを作る。ペンネ。最近料理をゆっくりしてなかったので、久しぶりにトマトソースを煮込んだ。ぼくは、やっぱりこういうゆっくりと時間をかけて作る料理が好きである。
昼寝。
起きたら、16時半。18時から麻布十番のSAVOYでピッツァを食べる約束をしていたので急いで向かう。
SAVOYのピッツァは軽くて本当にウマい。あのピッツァが食べられるって幸せだなと思う。あまりお腹減っていなかったのにぺろっと喰らう。
その後、少し六本木を散策し、コーヒーを飲んで帰路に着く。
家で、ティラミスを食らう。聖子ちゃんが作ってくれた。バレンタインデーはいつもこうやってティラミスを作ってくれる。本当に嬉しい。
夜は、YouTubeで『欲望の資本主義2019』を観る。

2019.2.11

朝は、ハニーバタートースト。プーパンニッケルにハニーとバターはすごく美味しい。
11-DSM
お昼はAux Baccanavesで豚肉のポトフを食らう。

2019.2.10

朝は、聖子ちゃんがパンケーキを作ってくれる。4月半ばにはヨーロッパに行ってしまうので、これまでみたく生活出来ないと思うとすごく悲しいがきっとこの選択は間違えてないと思う。ぼくたちは、そんな緩やかな絆で結ばれていない。もう知り合って10年も経っているのだから。


10.30-DSM
今日も相変わらず中国人のお客様が多いので、不思議な気分である。いつこのムーブメントが止まるのか、インドや中東の盛り上がりはどう見るのか、インドネシアやマレーシアやタイはどうなのか。
変化が必要だし、変化に対応しなければいけない。
明らかにダークサイドになっているというヨーロッパとは違って、陽の雰囲気を感じるのはやはりお金や勢いがあるからなのか。
昼は、Rose Bakeryで作業をしながらランチ。朝のパンケーキがお腹に残っていたが、何かすることも特になく、どこかで気分転換に座りたかったので、Rose Bakeryへ。
レンティルとトマトのスープ。夕方の休憩時間もレポートを書く。結局みんなこれくらい仕事をしているんだなと実感する。
このくらい仕事をして、やっとほかの会社の人たちがしているのと同じ量の仕事をすることになるのか。もちろん量は様々だけれど、時間的にはこのくらいの時間仕事場にいる。みんな驚くほど働いている(職場にいる)なと思う。自由な時間なんてほぼない。
確かにこれを仕事だと考えるとお給料がとか、自分の家族との時間だとかそういうものを天秤にかける人の気持ちもわからなくもない。

2019.2.9

11-DSM
昼は、お腹が全く減っていなかったのでAux Baccanalesへ。かなり久しぶりだった。最近は、コーヒーを飲むのもほとんどRose Bakeryばかりだった。疲れているのか、休憩中にどこかまで遠出するというのが出来ずにいる。10分の距離でさえ億劫になっている。
21時過ぎに仕事が終わり、その後、LAのFrankieとDSMの同僚村上さんと佐々木さんと村上さんの友人のさやかさんとディナー。結局、なんだか全体の輪が出来ない、いまいちハマらないディナーに残念だなと感じていたので、Frankieと佐々木くんに「もう一杯行こう」と誘い出し、グランドファーザーズへ。
グループのサイズだったり、場所だったり、最後にピタッとはまったような感覚があった。かなり楽しい、刺激的な夜。交易している、こうやって様々な人が移動し、その土地の誰も知らないようなスペシャルな場所でゆっくりと過ごす。すごく素敵だなと思ったし、Lost In Translationではそのようなことを言っているように感じてならない。場所の名前やロケーションなんて全くわからなくても一人の案内役が最高の遊び方を教えてくれる。残るのは、その日に感じた感情だけである。その日のバイブスだけが人の心と記憶に残り、大切な思い出になる。結局、場所が有名かとかそういうのはどうでもいいのである。日を跨いだ頃に帰路へ。
結局、僕は自分の友人を自分の好きな場所へ連れて行きたい。初めて、行く場所に大切な人を連れて行くようなことは出来ないと思った。みんなにとって最高の1日になったんじゃないかと思う。もちろん自分にとっても。