TEXT / JUNIWASAKI

2019.10.12

台風19号が来ると騒がれている一日。
朝からしっかりと雨が降り、友人知人家族からも連絡が来ていた。ネットで見るニュースは警戒を強めるが、ぼくが目の前に見ている雨風はそれほどでもない。家から見える首都高には車一台走っていない、不思議な気持ちにさせる。
母から、「用賀直撃やって〜」と連絡が入っていたが安心させるために連絡しているのか不安を煽るために連絡しているのか不思議だった。結果、安心するのであるが。
村上春樹『羊をめぐる冒険 下巻』読了。作中に、たらこスパゲティを作る描写があったのだけれど、そのせいでたらこスパゲッティが食べたくて仕方なくなり、大雨の中スーパーへ行こうとしたけれど、どこのスーパーも臨時休業をしていた。電車もほぼ全て止まっているし、(銀座線は運転していた)どこにも行けない状況だなと不思議に思った。
『こんな台風の日にたらこスパゲッティが食べたくなるなんて』というタイトルが頭に浮かんだが特に何かを書き出したり作り出すわけでもなく、そのタイトルは食欲とともに消え去った。
結局、2日前に煮込んだoxtailがあったので、ラグーにし、パスタを食らう。
ウディ・アレン『羽根むしられて』読み進める。ウディ・アレンの短編は一度も読んだことなかったので、なかなか入っていくのが、難しい。ウディ・アレンの独特なジョークが文章だとなんだかわかりにくさばかりに感じてしまう。
雨もどんどん強くなり、風も台風らしくなってきて、街に流れるアナウンスも不安を煽り始める。とにかく、ラジオを聴く気にもなれないので、HDDに入っているウディ・アレン『ミッドナイトインパリ』を鑑賞。
映画を観ながらうとうとしていると、地震があり、自分でもどうしようもないほど体が熱くなり、心臓がばくばくしてしまったので、ちょうど連絡を取っていた渡邉ユイさんに電話をする。驚いてとっさの行動だった。人と話すと驚くほどに落ち着くもんである。急いで家の鍵を開けた。台風と地震は連動していたのだろうか。震源地は千葉で、マグニチュード5.7であった。
10人くらいの友人知人と大丈夫かとか安否を確認しながら、暗い部屋に一人でいるのはなんだか不思議な気分だった。20時過ぎ、風と雨がピークに強くなる。風ではガラスは割れないとどこかでYKK社へのインタビュー記事を読んだけれど、確かに割れなさそうであった。ガラスよりも窓枠が飛んでいくのではないかという不安の方が強かった。こういう時に雨戸や窓枠に木を打ち付けるような方法は効果的なんだけれどいまの家では何もできない。無防備にそこにいるしか出来ないのである。それもぼくは好きだけれど。
近くでは多摩川の氾濫があったようだけれど、家の周りでは何も起きなかった。
人の言動によって、メディアによってどんどん不安にさせるが、風と雨とちゃんと対話をしていると不思議なほどに不安は感じないのである。地震は、人災だとよく言われるが、今回の台風も人々のせいで異常に不安になったのではないかと思うことがある。まあ、何もなかったからそういうことが言えるのだけれど、災害があった土地の方々にはぼくは何も言う事が出来ず、一刻も早く日常が戻ることを遠くから祈ることしか出来ない。
台風が去って、太平洋からきた穏やかで暖かい、包み込むような風を感じているとぼくたちは彼らを警戒しすぎたのではないかという気分になる。なぜ台風はやってきてぼくたちに警戒を促すのだろうか。こんな穏やかな心地よい風は本当に僕たちに被害を与えようとしているのだろうか。

2019.10.2

プールへ行く。16時ごろから佐々木と遊ぶ。
You Are Welcome Tokyoでマリオボッタのセンコンダが15万円だという。相場なのだろうが、やっぱり買えそうにない。色々と調べていると、90年代後半に日本に輸入された時点で価格は11万8000円だったのだという。そう考えると、価値は変わっていないのだろう。スティールパイプにマットブラックの塗装のフレームに、液体塗装されたパンチングメタルの座面である。
夜は、家に来てなんだかんだ彼の壮絶だった2ヶ月の話を聞く。
蒸し鶏を食らう。

2019.10.1

いいものを経験すると生活の質が変わる。
「その人がその人らしく鋭く生活をしていると、椅子もコップもティーポットも、昨晩絞られたまま机に寝ているレモンも朝食で食べたトーストの食べかすでさえもがかっこよくそこにいるんだ。」
自分で選択したものごとで溢れさせることがすごく重要なんだ。それこそが、全てのものに命を宿らせることだ。雰囲気を持った人間になる。
「マルセル・ブロイヤーのチェスカチェアーに座る人間になりたいんじゃなくって、道で拾ってきた廃材に座ることで(使うことで)それに何か新しい価値観をつけて雰囲気を与えられる人になりたいんだ。」

昼過ぎから中学時代からの後輩今中義貴くん(いまちゅう)と葉山に行く。
健寿司へ行き、1.5人前を食らう。どこから来たのだという話になり、生まれ育ちは関西だけれど、今は世田谷区に住んでいるなどという話をしていると、店主が喜んだように、ここから環八までどのくらいでいけるか?という話をしてきた。お客さんの中では競い合いがあるらしく最速16分ということだった。あり得ないと思う。
いまちゅうは9月に夏休みを取り、北海道に行き、MEMU EARTH HOTELに泊まったらしい。サラブレッドの生産牧場であった「大樹ファーム」のトレーニングセンター跡地に、2011年、寒冷地実験住宅施設「メムメドウズ」が完成する。隈研吾氏や伊東豊雄氏など日本を代表する建築家の実験住宅が点在する建築の聖地に、施設内の実験住宅や牧場の記憶を継承するリノベーション建築をホテルへコンバージョンする形でMEMU EARTH HOTELが誕生する。先進的な建築と十勝の無垢なる自然を原体験として楽しむためのホテルとしてサービスの提供と、”資源再読”をテーマにスタートした。
そんなコンセプトの中で、期待をして十勝まで足を運んだのだけれど、ある朝、朝食を食べるスペースで、レコードプレイヤーから音楽が流れていた。非現実な大自然の中での滞在から、音楽のリアリティの欠如により、一気に現実に戻されたのだ。オーケストラ演奏によるジブリ音楽、そんなにリアリティのない音楽が流れていたのだ。いや、流れていたのではない、人の手によって流されていたのだ。
その日の朝の気分でも、そこで働く彼ら個々人趣味でもなく、とにかくその場の音楽のリアリティの欠如に愕然とし、一気に現実に戻されるような感覚があった。
神奈川県立美術館葉山館へ行き、カイ・フランク展を鑑賞。気になる言葉があり抜粋。
「硬い丸パンの中にバターを入れて畑に赴き、それを食べるとパンもバターもない」そんな簡素さをカイフランクは目指していたのだという。ぼくは、まさにその簡素さに憧れと目標を持っている。
遠藤新建築事務所が施工した加地亭に行く。中は観れないものの雰囲気は、十分に、気になる存在としてそこに
環八まで16分だとか言っていたが、やっぱり16分なんてあり得た数字ではない、40分はかかるのだ。
フォート上野でフィルムをピックアップし、渋谷から田園都市線に乗り、帰宅。

2019.9.30

天気が良すぎるので、家で過ごす。ひとまず、パジャマを脱ぎ、干す。9月の最後の日だというのにほどよく暑いので、パンツ一枚でフラフラとしている。
オークランドのハリーとメッセージでパニック障害について話しをする。彼女も昨年はかなり酷かったらしい。カフェインをカットすることを勧められる。オルタナティブとしてルイボスミルクティーがいいということだった。実際、コーヒーが飲めないとなると、ミルクティーかなと思っていたが、イングリッシュブレックファーストもアールグレイもカフェインが入っている。だからぼくは、カフェインを摂取したくないときは、カモミールティなりミントティーなり、ハーブティを飲むように敷いていたのだけれど、ハリーが言うようにミルクティーが飲みたくなるもんである。特に、クッキーやパンとはハーブティーは合わない。合わなくもないが、そう言う気分ではない時の方が圧倒的に多い。
気付けば、夕方17時になっていた。もう夕暮れだというのにぼくは服を脱いだっきりまだ服すら着ていないのだ。パスタを作った時も、本を読んでいた時もずっとパンツ一枚だったのである。ガーリックをオリーブオイルで炒め、そこにベーコンを入れて油が飛ぼうが御構い無しにパンツ一枚だった。
日が暮れた頃にシャワーを浴びて散歩に出かける。実は、パーマをあててから初めてシャンプーをした。金曜日に中目黒のヘアーサロンRAWに行ったので3日も頭を洗っていないことになる。パーマをあてた後は髪を洗わないようにした方がいいと言われたことが妙に気になり洗えなかった。と言うのは言い訳に聞こえるかもしれないが、実際にそうである。
桜新町のむすびガーデンまで歩く。全粒粉の丸パンと、ルイボスティーとミルク、それから洋梨を買う。
増税前だから定期を買った方がいいよと言われていたので、用賀駅に定期を買いに行くが行列なので諦める。明日から消費税は10%になるのだ。8万円の定期を買うのに1600円多く払わなければいけない。2%の変化がぼくたちの生活にどのくらい影響を与えるのだろうか。80万円買うと1万6000円の変化だ。ぼくたちみたいな労働者階級が少しもがいたところでほとんど何も変化がないのである。80万円の買い物をするのか。ぼくはしたことがない。
夜は、ウディ・アレン監督『マンハッタン殺人ミステリー』を鑑賞。久しぶりに個人的にヒット作。色々な感情が次々に波のように行ったり来たりして、家で映画を観ると途中で休憩を挟まないと観れないぼくが珍しく見入ってしまった。全編通して、ダイアン・キートン演じるキャロルの部屋着もアウトフィットも、ファッションセンスが秀逸だと思うが、少しキメすぎているんじゃないかと思った。きっと日本の雑誌では、このファッションをよしとするのだろう。実際に、NYに住む市民は、あんな格好の人たちと遊んでいるのだろうか。少なくともぼくがこれまで住んでいた街ではキャロル(ダイアン・キートン)ほどキメすぎだ格好をしていない。エディターだと言ってもそれでも少しオーバーだった。面白かったけれど。それから盗み見るようなカメラワークが個人的にはすごく好きだった。
ウディ・アレンの笑いセンスは本当に秀逸だし、自分もそのくらいのくだらないジョークが言えたらとおもう。


2019.9.29

昨晩、寝れなかったので9時過ぎに目がさめる。飛び起きて顔を洗い、椅子の上に脱ぎ捨てていた洋服を着て家を飛び出す。銀座へ向かう。会社近くのスターバックスで10時から会社の上司と面談。チャイをオーダーする。ひとまず自分の意見を伝えることが出来た。それ以外にできることは何もないのだ。理解がありそうでなんだかスッキリ。
銀座のレモン社でLeicaのレンズをチェックする。28mmのレンズを探しているが、やっぱり高いな。安くても10万もするのだ。室内撮影をするのに、使いたいのだけれど、まだ仕事がないので道具ばかりが増えるのはどうか。
日曜日なので、同じビルに入っている教会は人でごった返していた。毎週日曜日は決まって教会に行き、同じ顔を合わせるというのはいいもんだな。そこに生活があるような気がする。リズムがあり、生活がある。様々な場所から一つの目的を持って同じ場所に向かう。遊ぶわけではない、そこで同じように賛美歌を歌い、聖書を読む。友達になるのもいいし、そこだけの関係もいい。家族ができて家族を連れてくるのもいい。宗教崇拝というのは、生活の軸になり得るのである。
そう考えると、毎週日曜日にお店に来るお客様は、コム・デ・ギャルソンを崇拝しているということだ。毎週日曜日に教会へ行く代わりに、コム・デ・ギャルソンに足を運ぶ。賛美歌も聖書もないのだけれど、それでも生活の軸を作ろうとしているのかもしれない。
ぼくは行ってなかったけれどフィジーに住んでいるときは、住んでいたホームステイ先の家族は毎週日曜日の朝9時から教会に行っていた。ぼくは、土曜日の夜は、必ずクラブへ行き、フィジアンたちと踊っていたのだ。そして、日曜日の贅沢なランチは、家族のみんなと食べた。
その後、東京駅まで歩き、茶谷公俊とベンチで話す。30分程度。それにしても東京駅周辺はラグビーW杯が盛り上がりすぎているように思う。西から来ると少し温度差を感じるほどである。実際、どのくらいの盛り上がりなのだろうか。サッカーW杯は他のスポーツに比べると驚くほど段違いに人気あるよなと思う。ニュージーランドではラグビーはすごく人気であった。人気は、強さと比例するのだろうな。
Rose Bakery丸の内に立ち寄り、昨日から働いているレイナさんに挨拶。アボカドのオープンサンドを食らう。
その後、丸ビルに立ち寄り、コンランショップを覗く。TASCHENから出ているエドワード・ホッパーの画集と、今治タオル、ジャスパー・モリソンの椅子が気になった。ジャスパー・モリソンの家具は、きっと自分の家には似合わないだろうなと思いながらもなぜか気になった。そういえば、コペンハーゲンで会ったジェイミーは、ジャスパー・モリソン氏のアシスタントをしていたといっていた。なんだか面白そうな子で、気が合いそうだったので仲良くなりたかったが、イベント主催者だから忙しかったのだろう、なかなか話す時間がなかった。少し悔やまれる。
丸ビルのラグビーライブパブリックビュイング会場でジョージア対ウルグアイの試合を観戦。ジョージアの観光協会がワインバーを開いていたが、日本はいつだってこうやって企業タイアップしてくるのでつまらないよな。ビジネス的にはいいのだろうけれど、なんだか面白さが欠けているし、リアルさに欠けすぎていると思う。観戦が大切なんじゃないのかな。
二重橋前駅から千代田線に乗り、千駄木駅へ。数分歩いてCIBIへ。ゼンタさんがいると話を聞いていたので、会いに行く。ファンタスティックな再会だ。ゼンタさんという人間はエナジーの塊だと思う、これがメルボルンのCIBIに人が集まる理由なのだ。2時間ほどぶっ通しで話、一度家に帰る。一服して、19時前にバワリーキッチンへ行き、もりうちなおちゃんと久しぶりに会う。何も変わっていない自分たちにゾッとすると同時に安心。
帰ってから、アントワープに引越しした聖子ちゃんと電話する。とにかく人に会った1日だった。

2019.9.17

1週間ぶりに家を出て、街に出て歩いてると、半袖半ズボンなんてのはぼくだけでなんだかみんな秋の装いになってる。
今日は暑そうだなと半袖に半ズボンで家を出るというのは、自分の肌感覚と自然と話しているような感覚でぼく個人的には納得がいくのだけれど、毎日洋服を着て歩いているとそろそろ秋だなとか、飽きたなとか、対話の上で変化が欲しいとか、そういうこともあるのだろう。
社会と関わらない生活を送っていると、洋服というものがいかに社会と繋がるためのツールとして権利を得ているかがよくわかる。家具や本というのは、季節感というものとリンクしていないのでいないので、なかなか人々は手が出にくいのかもしれない。そう考えると洋服のビジネスの成立も納得出来る。美容も然り。

2019.9.16

8時半ごろ起床。
起きるとまた風邪が再発したような感じで、絶望的な気分であったが、少し動くとそれも治る。なんだか自分の部屋に何か悪い運気がたまり出しているのではないかと思えてならないが、だからといって何が出来るのかと言われると、対して何も出来ないのである。掃除をあまりしていないから部屋が少し怒っているのかもしれない。
数日前から全身に小さな赤い蕁麻疹のようなものが出ていて顔にも出ている。すごく痒い。風邪で免疫が下がっているからそういう症状が出ているのだろうと思うが、久しぶりのことなのでかなり参っている。痒いというのはあまり快いことではない。
11時半に、どうしても焼肉が食べたくなり焼肉を食べに行く。用賀は焼肉屋が割とたくさんあるので、調べてみるが、祝日なのでどこもやっておらず、もしくはお昼時にはどこもやっておらず、諦めて駅ビルに入っている焼肉屋で食らう。
3種類のカルビの載ったセットを注文するが、病み上がりにカルビなんて食うべきじゃないですね、脂っこくって身体がどうにかなってしまうかと思った。
帰り道、聖子ちゃんから頼まれている圧縮袋などを買い、家に帰る。
北野武監督『ソナチネ』を鑑賞。実は、ぼくが海外に住んでいるころ、国を問わず海外の友人たちから口裏合わせしたかのように北野映画の評判がよく、北野映画は好きか?と聞かれていた。ヤクザ映画というのがぼくはあまり得意ではないので、これまで一作品も見ずに嫌煙していた。
内容はというと、これは評判良さそうだなというものだった。ぼくの記憶に残っているのは、色のトーンと、リアルすぎる談笑のシーンから急に殺し合いのシーンになる緩急の鋭さ。ジャン=リュック・ゴダール監督『気狂いピエロ』からのレファレンスがいくつかあるとどこかで読んでいたので、そのシーンが顕著でそれも良かった。それから、何より久石譲の音楽が驚くほど良かった。ロンドンのインディペンデントラジオNTSで久石譲特集をするようである。その後、少し昼寝をする。こんな夏の映画を観た後に昼寝すると、驚くほど気持ちよく寝れるもんです。
パッとパッキングを終わらせ、二子玉川へ。桉田餃子で麻婆飯定食を食う。やっぱりまだたくさんは食べられないようで、残すのは嫌なので苦しいと思いながらも食べきる。まだぼくのお腹は麻婆豆腐には時期尚早だったようである。
家に帰り、ウディアレン監督『Radio Days』を鑑賞。のはずが、観ながらきっと寝ていた。映画の内容はあまり記憶に残っていない。
今日もこれ以上文章を書けません。明日からコペンハーゲンなので準備をする。